August 18, 2007

沖縄に行ってきました。その3「美ら海水族館」

昨日ホテルの食べ放題に行って
今も満腹・・・(^з^)-☆
ちょっと高くても質のいい食べ放題はうまいです~
全種類食べられないのが残念(-_\)

さて、沖縄ですが
今観光で最も人気のあるスポットでしょう、美ら海水族館!!

チケットはツアーの割引で事前購入してあったんですが
ばかちんたけびーは、出発して45分後
「はっ、チケット忘れた!!!!」と気づき
そのまま行ってお金払って入場するという旦那に
「戻る。」と断言して
またホテルに戻りましたとさ(汗)

すでに出遅れてしまった我が家は
のんびり途中で「瀬底島」に寄ったりして
(橋でつながっています)
さとうきび畑はつらなる道
真っ黒に日焼けした小学生たち

いいなあ~

P10000870001

さてやっとこさ「美ら海水族館」に到着。
誘導してた地上Pに入れたらさ~
水族館まで10分歩かないと着かないの。
炎天下ですよ( ̄△ ̄) うーーー
行ったら近くにも立体!駐車場があって
なんだよ、もう!
息子は途中の噴水
ちゅうか地面から水が吹き出てるところがあって
そこで水浴び(汗)
着替え無いですから~(斬)

びしょびしょのまま「美ら海水族館」に入館。
館内に入ってすぐ触れる水槽あり。
ヒトデやうになど
子供は大喜び!
はいったばかりなのに長居する。(^ ^ゞ
さて、大きくて見やすい水槽の横に
水族館の魚に関するリーフレットがあり
(もちろんただで持っていける)
入り口から出口まで順にとっていくと
図鑑が出来上がるようになっている。
すっごく親切。

で、お目当ての大水槽~~~~~。
P10001110002

めちゃめちゃたくさんの魚が泳いでる。
じんべいざめだ~~。
写真で人の大きさと比べると
さめの大きさがわかると思いますが
巨大です(笑)
水槽はジンベイざめが水面に口をだして
縦になってえさを食べる自然な姿勢がみられる深さになってるんだって。
向かって右には
カフェテリアが併設されており
座ってゆっくり水槽を眺めることができるようになってるのもGood!

左のほうにはサメゾーンがあって
サメばっかり泳いでいる水槽がありました。
引き出すとCTみたいに輪切りの写真が出てくるのも興味深かった。
さめっておもしろいネ~。
サメ同士水槽に入れてて共食いしないのかな?


さて最後はイルカショーだったんですが
正直ショー自体は江ノ島水族館や八景島のほうがレベル高いかも…
(すみませんm(_ _)m)
でもきっとどこの水族館もいまは
これは!と言うものを持っていて
「美ら海水族館」は大水槽を中心にした
館内の魚たちそのものが魅力なんじゃないかなあ。
息子も思い出して水族館の話をしますしね。
あの水槽にチンアナゴがいたよね、とか。
一見の価値あり!ですよ。
このまえこの大水槽を作ったときの話を
たまたまTVで見ましたが
計画から水槽が完成し魚たちの楽園ができるまで
たいへんなご苦労があったそうです。
世界一の柱のない前面アクリルパネルで
ゆったりおよぐジンベイざめやマンタ
こちらものんびりしてしまいます(∩_∩ )
P10001290003

いいもの見せていただきました。


さて、戦跡を見に来たんじゃなかったっけって?

そうなんです。
その後南部の戦跡を回る旅にでるのであった~ つづく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2007

沖縄に行ってきました。その2

さて、今回の旅行で旦那がまず行きたいと言ったのは
「旧海軍司令壕」です。

空港からそんなに遠くないのですが
案内があまり出ていなくて
すごく狭い道から攻めてしまいました(;`皿´)

沖縄にはガマとよばれる洞穴?がたくさんあり
それを利用してひめゆりなどでもおなじみの防空壕に
なっていたようですが
ここは、まさに「人間用のありの巣や~(彦麻呂風)」

入っていくと洞窟の道の左右に穴がほられ
会議室とか 介護室とか
電気も当時引いてたみたいで
できるかぎり当時のまま保管し公開

部屋によっては自爆したときの手榴弾の破片が壁に突き刺さったままとか

1945年6月の沖縄戦そのままを感じさせます。

暗い穴から出たときの沖縄の日差しの暑いこと!

Shireigou0001
(↑写真は出口)


教科書問題であまり沖縄戦に関する事項が掲載できなくなって
と地元の方も嘆いておられました。
こんなに何もなくなるほど焼き尽くされても
にんげんって強いんだなあ、と感じさせられました。

次回は、「美ら海水族館!」
サブタイトル 沖縄は広すぎる…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2007

沖縄に行ってきました。その1

・・・ってお土産あるよね(^ ^ゞ

さて、夏休みに入ってすぐ我が家恒例の夏旅行!!
今年は『沖縄』です。
それも、旦那ご要望で戦跡を回りたいと言う・・・。
しぶい、しぶすぎでよ~(´Д`)
そいういうとこ,熱いよ・・・

私と息子は「美ら海水族館」希望で
いざ沖縄へ~。

今回そんなに安いツアーじゃなかったんだけど
帰りの飛行機が羽田に付く時間が遅いので
初めて羽田まで車で行ってみた。

車で行くと超らくちん!!!

荷物もたくさん持っていけるし
帰りのお土産もカートで持ってあがれば、へでもない(^▽^)
おお~

で、早めについたら~暇で暇で~
いつものKIHACHIでソフトクリーム食べたり~
空弁買ったり~

でも飛行機長いんだよね、沖縄まで。


退屈・・・


寝る。

で、沖縄空港は熱かった!
いつもどおり沖縄らしいべっとりと湿度の高い暑さに歓迎されて
レンタカーやサンに行くのであった。

つづく。

ホテルからリザンシーの夕暮れを望む。
Yakei0002


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 08, 2006

柿田川公園 & クレマチスの丘

母が田舎から出てきたので
「どこか連れて行こうか?」
と言うと、間髪いれず
「富士山を近くで見たい!」という。

富士山、きれいに見えるところと言えば富士五湖でしょうが
このシーズン、ちょっと車こんでるよナ~
と思い、いつもの沼津へちょいと1day trip。

はじめに向かったのは、「柿田川公園」。
日本の名水100選にもえらばれてる、柿田川湧水の公園です。
まずPに車を入れて、とことこ階段を下ると
そこは親水広場。
ビーサンの子供たちがばちゃばちゃ川に入っています。
Yuusuihiroba

わわわ、こっちにはねかさないでよ!!
こんなこともあろうと持ってったバスタオルが役に立ちました。

今度は湧き水のところへ
Wakidasumizu

動画でお見せできないのがざんねん!
水がふつふつと湧き出しています。
深いので水の色がきれい。上の木の葉が水面に写っています。

ひとつ難を言えばジュースの自販機も無く、
息子に「のどかわいたー」を連発されてました。
水分の用意をお忘れなく。
ってゆーか湧き水飲めるのかと思いきや
神社の境内の手洗うとこの水「飲めます」って書いてあったんですが
枯葉や虫の死がいがういててちょっと勘弁っっ
残念でした。

さて、その後向かったのが「クレマチスの丘」。
間違って三島方向に行ってしまい時間かかっちゃった(´Д`)〆

Kuremachisu

意外と広いし
園内もきれいで
きちんと手が
はいっているし
箱根彫刻の森よりイイかも(^▽^)

今回は「ベルナールビュッフェ美術館」
にも行ったのですが
夏の季節の展示で
「ゲゲゲの鬼太郎の東海道五十三次」
なる展示会をしていて
それがまたとても緻密で
元の五十三次をもとにお化けの出てくる水木風にアレンジしてあるのです。
息子大喜び!

また、1Fには「ビュッフェこども美術館」があり
木のボールプールや絵のように仮装するコーナー、
パズルやおままごとキッチン、
いろいろ遊べるようになっています。

なかなか楽しめましたよ( ^-^)_□
って、出たとこでまったりお茶♪
Organicbuffet

美術館出たとこの「Organic buffet」という喫茶です。
こういうところは高くてあんまりおいしくないところが多いのですが
手絞りジュースや京都おとりよせのオーガニックコーヒーなど
あー、うまいです。

ひと休憩して、さて帰りましょう、
と、東名に向かったらまた混雑。
沼津はいつも混んでるなあ、東名に乗ったらすぐ帰れるから、ね
と言ってちょっと走ったら

**事故!! 東名厚木まで120分 **

( ̄□ ̄;)
足柄で時間調整・・・。(泣)

あ、足柄SAは、焼きたてパンがあるのです! ぱくぱく。
あとスナックコーナーの水がおいしいです(笑)
Oisiimizu
ただですw
上り下りとも抹茶ソフトがいけてますのよ~~。

で、厚木まで1時間15分になったところで再出発。
でも混んでるのでだらだら運転です~~。

ばーちゃん「今かかってるの、いい曲ねぇ。誰歌ってるの?」
たけびー「ケミストリー。」
息子 「毛虫取りぃ~??」

久々の小ネタでございました~C= C= C= C=┌( ・_・)┘→→→


| | Comments (4) | TrackBack (0)

November 06, 2005

【プチたび】秋の箱根に行ってきました

先日、お休みが取れたので『ココロの洗濯』に箱根へGO!です。
良く考えてみたら、3月にユネッサンに行ったきり、久しぶりの箱根です。

まず、箱根で日帰り湯といえば人気No1の『天山』へ行きます。
2tenzan0003

途中たいした混雑もなく1時間半くらいで到着です。
結構道が狭いのね。箱根新道が途中から接続してて便利になってるぅ。

天山は撮影禁止なので残念ながらレビューのみデス。
すべて野天になっていて(一応屋根あり)うんとぬるい・普通・チョー熱いと
風呂によって抑揚のある温度になっており
あったまってきたらぬる湯に、上がり湯はあつい湯に入り
上がり湯のあとはお湯が切れるので流さないでそのままあがってください、とのこと。
(折角の温泉の成分を流さないで、とある)
確かに、あつーいのでお湯のキレがいい。
ものすごくぽかぽかします。

平日だったので、1つの湯船に2組くらいづつでしたが
休日ともなるとロッカーも一杯になるくらいラッシュになってしまうらしい。
静かでなにもないのが売りなのでなんともいえませんが
初めていったので案内とか良く分からなかったなあ・・・。
3泊4日の湯治も受けているようですよ。

さて、あったまったところで今度は腹ごしらえじゃ〜。
以前からおうわさはかねがね〜の仙石原にある
TAROCのトダテさんの素敵なアルファロメオの喫茶店
『カフェ ジュリア』を目ざします。

2sengokubara0003
天山から畑宿の七曲りを通って芦ノ湖に出て
そこから仙石原へー。
やはり、秋・紅葉の季節なので、たくさん観光客が来ています。
(って私は観光客じゃないのかよ!>ツッコミ(笑))

いつも箱根の湯元方面までいって(行ってもやぎさん(笑))
帰ってくるので『箱根ってあまり紅葉しないのねー』と思っていましたが
秋は仙石原ですねーーー。見事なすすきのはらに紅葉の山。澄んだ空。
いっぱい人が散策しています。

『カフェ ジュリア』は、箱根湿生花園のそばと聞いていたので
行ってみたもののあれ?ジュリアはどこ??
2cafejulia0001

湿生花園にいたタクシーのおじさんたちに
「知らないなあ、もっと御殿場のほうじゃないの〜」
と言われ、途方にくれて売店の若いおねえさんにも聞いてみたら
「ああ、ここでて左にしばらく行ったとこですよ」
ああ、ありがと〜〜ヾ(≧∀≦)ノ

ってなわけでやっと『カフェ ジュリア』に到着!
左ハンドルタンシートの147の隣に駐車させていただきます(*^^*)
中に入ったら満席で(! 平日の1時過ぎですよ!!)
スゴイ人気!
2lunch0002

程なく席があいて、本日のランチを注文。
ワンディッシュのカフェご飯、
サラダ・パン・豚フィレ肉のチーズ焼き、かかってるトマトソースがこれまたうまい!
(またまた運ばれてすぐパクっ、と食べてから、写真撮ってなかったことに気付き
あわててヾ(≧∀≦)ノパチリ!)
パンにはオリーブ油を添えてくれます。
スープとコーヒーもついてるのよ。

2banana0001
やっぱりねー、デザートは別腹なので (でたー(*^∀^*))
バナナムース頼んでみました。えへへ。
ランチと頼むと100円引きですぅ。
チョコソースがかかっておいしい!

表のタン147は奥様の車だそうで(o(^^o)(o^^)o ウレシイ!)
「マニュアルの方が運転しやすいんで」だって。かっこええ!
旦那さまもアルファ蛇のアップリケのついたエプロンをなさってて
とってもいい雰囲気の喫茶でしたー(⌒o⌒)b

実は帰ってきてプジョーに乗るチャンスがあったんですが
いい走りなんだけど・・・安定してる感じなんだけど・・・
でもこれで「山でも走りに行くか〜」って気にならないよね、ってfeel・・・。
(プジョーファンのかたゴメン!! でもオシャレだしー 猫足だしー)
くねくね道を走っているとますますアルファの楽しさが
伝わってきますよね。
車が「回せ!回せ!!」って言ってる気がするもん・・・。

帰りに折角だったので湿生花園にも寄らせていただきました。
園内にはたくさんの種類のもみじが植えてあって
「もみじラリー」をやっていました。
番号札のついたもみじがなんていう名前か当てるのだー。
ジュウニヒトエ、なんていう名前のもあり終わった頃にはちょっとしたもみじ博士(笑)
出口では湿生した場所向けの草花を売っていて
ちょっと日陰の我が家にはぴったりの花をみつけたのでお土産に♪

なかなか充実した1日であったー。
途中でカメラの電池がなくならなければ(笑)

| | Comments (4) | TrackBack (1)

August 14, 2005

この夏は九州横断旅行! その4 最終話 由布院から別府へ

豪雨にたたられながらも、やまなみハイウエイを駆け抜けていくと
そこは、もう湯布院!
だんだん雨も止んできて、由布岳が見えます。

yufudake0001

今日の宿泊は、南由布にある「ハーベストファーム」。
隣に湯布院ワイナリーもあります。
南由布は、静かで何もありませんが由布岳が大変きれいに見えます。
早速展望露天風呂で旅の疲れを癒します。
その後は、お楽しみ夕ごはん!
豊後牛&地鶏の炭火焼であるーーー!!(´q`*)
hougogyu0001

ぎゅう旨いよ! おかわりー!
散々食べて部屋に帰ると
「心ばかりのお夜食です」って焼きおにぎりと手作りおしんこがっ。
ええ、もちろん食べましたとも(゚▽゚*)

翌日は、湯布院の街中へ。
まず金鱗湖そばに車を止め(1日400円だよ(^-^!)
湖畔や周囲のお店散策。
猫や犬グッズのみせや、おいしそうなお菓子のみせなど
女子には楽しそうな店ばっかり、購買意欲をそそられます。
が、我が家の男子部のみなさんは飽きて「もう帰ろう」コール(-.-")
もうちょっと居たかったけど、やむなく別府へー。

車は、県道11号を由布岳をかすめるように登っていきます。
一番近づいたときに岳に雲がかかり残念(×o×)
さあ山を下ると別府です。
別府と言えば、地獄めぐり(笑)
chinoike0001

時間がないので、まず「血の池地獄」へヾ(≧∀≦)ノ
赤い池から湯気が立ち、ぼこんぼこんいってますよー(笑)
鉄っぽい粘土成分が入っているので赤いらしいです。80℃くらいあるんだって。
ぬるくしてある赤い「足湯」に入りました。泥どろーん。

まだ時間あったので、地獄で会ったタクシー運転手さんに教わった杵築へまわります。
kizukijou0002
高台にある杵築城に行き、ぐるりと見渡すと天下を取った気分?!
息子はカブトをかぶって御満悦(笑)kizukijounonagame0003

帰りに、
「ぼく、これあげるよ!」と
カブトガニの折り紙をいただきました。
日本一の繁殖地なんですって。
杵築は坂の町だそうですが、
時間が無く回れませんでした。


杵築からは、ほどなく大分空港。
レンタカー屋さんにこのFit号を帰したら、旅行は終わりです。
楽しかったので返すのが惜しまれるーヾ(≧∀≦)ノ
毎年恒例のドライブする夏休み。
九州にまた来ることができるかな?
そして、息子の心にも、楽しかった思い出としてこの旅行が残るといいなあ。

やはり、旅は人と人との出会い。
楽しい思い出も、みんなその土地の人たちとの
やさしいふれあいから出来てくる。
そんな非日常にあこがれて、また日いちにちを過ごしていく。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 12, 2005

この夏は九州横断旅行! その3 大自然!阿蘇は最高!

熱気球の朝は早い。
5時45分のモーニングコールで6時半には前日FAXで送られてきた
地図の会場へとむかう。
着いた時まだ熱気球は横になったまま送風されていた。
今度はバーナーで「ぼおおおおおっ」と熱すると、おなじみ熱気球の形になっていく。
「では、たけびー家さん!」 な、なんと1番だよ( ̄□ ̄;)
革張りになった籠に搭乗。インストラクターさんとガスボンベと一緒に上がっていく。
「ここ握ってください」 レバーを引くと「ぼぉぉぉぉ!」バーナーからいきなり火がっ
空気がこれで温まり上昇するんだそうで、
気球の中の空気は、なんと100度近くなっているそうな。
今回は体験なので、車の牽引するトコにロープをつけて飛んでいかないようにされてました。
空気もいいし絶景! 風の向くまま気の向くまま飛んでいけたら楽しいだろうなあ。
netukikyu0003

暖めるのをやめると自然に気球内が冷えてさがります。
面白くて終わってからもしばらく他の人が気球に乗ってるのを眺めていました。
車でホテルに帰るときも息子は「まだ見えるよ!」と、いつまでもいつまでもふりかえっていました。

kusasennri0002
で、今日はまず草千里さんぽ。
牛はのんびり草を食べています・・・って遠めに見えるんですが
近くにいるとびっしりと根の張った草を食べているので
喰いちぎるとき「バリバリッ」とスゴイ音がします(^-^;
でも自由そうでいいですけどね。
ただただ日陰も無く暑かったです。
ドライブインで揚げたて辛子レンコン売ってて、試食もさせていただき
おいしかったんですが丸ごと1本単位のため購入できませんでした。
まだたけびー家の旅行は続くのよ。


kakou0001

次に向かったのが中岳火口。
煙もくもく、硫黄のにおいがしてそこここでお土産の硫黄を売っています(^-^;
結構コワイです。入り口に丸いコンクリートのシェルターが何個かありましたが
実際噴火して役に立つの?って感じでしたー。でも涼しかったけど(笑)

そのあと、「南阿蘇水の生まれる里白水高原」駅で記念写真。
鉄道マニアじゃないけれど( ̄m ̄)ぷ
息子が小さい頃日本で一番長い駅名として有名だったところです。
(今はルイス・C・ティファニー庭園美術館前駅にうばわれたご様子)


blueberry0001


さらに足をのばし、そよ風パークでブルーベリー狩り&カブト採り体験です。
担当してくれたおじちゃんが大変イイヒトで、地中に潜ってるかぶとを一緒に探してくれたり、
ブルーベリー狩りのあと、まっかなトマトを「もってきな」と渡してくれたり(⌒o⌒)b

ちなみに、ANAピカ夏ツアーのオプション
「阿蘇ファミリークーポン」1枚で
熱気球・ナイトスターツアー・ブルーベリー狩り・カブト採りができました。大人1000円、子供500円だよ!!! 超おねうち!!!

みんな親切で楽しくて大自然にふれられた阿蘇よ、さよーならーヾ(≧∀≦)ノ
次は由布院! さあ、やまなみハイウエイへ!!

ッテハシリダシタラ、マタモヤ、スゴイ雨(ToT)ダッタンダヨ・・・。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 10, 2005

この夏は九州横断旅行! その2 阿蘇へ向かう

2日目、たけびー憧れの阿蘇へ向かいます。
途中、ちょっと立ち寄ったのが「有田ポーセリンパークのんのこの郷」。
山をのぼっていくとそこには、いきなりお城がっ( ̄□ ̄;)!
九州の人の考えることは、スケールが違いますううう(^^;;
arita-siro0001

で、有田焼体験工房で手びねり器の作成(笑)
息子作です。 ごはん茶碗のイメージで。
musukonochawan0001
そこのひし形は、私が底に「にこにこマーク」を貼り付けたので
まねしたらしい(゚▽゚*)  8月末には完成品が届くそうです。


阿蘇阿蘇ーッ。 
途中SAで角煮マンを喰う。うまい。

波佐見有田ー鳥栖ー熊本と高速走行中に、途中どしゃ降り!!!
前はテールランプがやっと見える程度だし、路肩に寄ろうにも見えないし
のろのろ等間隔で進むしかない! ううー。
ワイパー全開でもぜんぜん見えないし今まで経験したことないような雨だった。
でも短時間で雨は止み、なんとか夕方には阿蘇へ・・・

チェックインした一家ではあったが、
「まだ日が沈んでないから、阿蘇にドライブいこか(^_^)?」
すぐにレッツゴー!! Fit号しゅっぱーつ!!
途中車を止めて景色を楽しみながらあがっていく。
あのー、熊本の方が何台かセンター割ってくるんですがっ
対向車が来るとちょっと怖いですわ・・・わし・・・
asosan0001

さて展望所です。これが阿蘇かー。
右には煙を吐く火口が、左には池から緑の山を望む・・う、美しい・・・。

もう時間がないので今日はここから引き返します。
ごはんだしー。
ごはんの後は、「阿蘇スターナイトツアー」だっ!
これはツアーのオプションで「阿蘇ファミリーパスポート」なるものを
頼んだのですが、サービスチケットで参加できるのだ!
時間になりバスに乗りましたが
気軽に申し込んだものの阿蘇に向かう道は明かりも無く向かう車も殆どいません。
キキー! 急ブレーキに驚くと 前を悠々と牛が闊歩(笑)
夏は放牧されっぱなしなので、道路は牛馬優先なのですがライトついてないんで(笑)
夜間は要注意です。
さて、草千里に到着です。
首が痛くなるとのことで、ブルーシートを敷いてみんなで寝転がります。
うわー、満天の星空。 天球儀そのままに細かい星まで良く見えます。
解説のお兄さんが、北斗七星から北極星、夏の大三角など
懐中電灯を星に向けるとライトが星まで届きそうです。
夫婦星スピカは、6万年後に夫婦一緒になるんですって!
こんな星の流れから見たら、私たち人間の一生なんて一瞬のことなんだろうなあ。
ほんとうに自分がちっぽけでくよくよ悩んだりしてるのがくだらなく
思えてきました。 あ、流れ星☆彡!
楽しいひと時も、終了。バスはどんどん下山していきます。
町の明かりが見えてくると、星はだんだん見えなくなってきます。
ガスが出ていて見えないときもあるらしく、今回は非常にラッキーでした。

ホテルに帰着。サービスの花火もらってちょっとだけ楽しみました。
さあ、明日も早いぞ! 
なんたって朝から今回一番のイベント、熱気球体験なんだから…。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 09, 2005

この夏は九州横断旅行! その1 長崎へ到着

夏休み、九州旅行に行ってまいりましたーっ。
これで、おとうさんおかあさんの宿題は終了です。
(湯布院のホテル支配人の受け売り…)
九州横断 計570km走行のドライブ旅行のはじまりはじまりー。

さすがに当日朝は早起きです。
ちょっと余裕を持って出たので、かなり早く羽田に到着。
すぐ屋上に行って、ポケモン「お花ジェット」見物です(笑)
同じココロザシの仲間もいっぱい(笑)
始まる前から沢山写真とって、離陸するジェットを見て「おー!」

nagasaki10001

ワタクシは、途中で「ピエールマルコリーニ」発見!
ここのチョコ食べたかったんだ!
機内のおやつに一箱お買い上げ(*^∀^*)

そして飛行機は、最初の目的地『長崎』へ。
レンタカーを借りて早速ドライブ開始!
今回のお供は、銀色Fit号です。すでに7万km走っているよ!

さて、まず腹ごしらえ。長崎出身の人から「まず、ちゃんぽんを食べて」
と言われてたので、ちゃんぽんの看板を見つけてそこへ入ってみる。
出てきたちゃんぽんは大盛でおいしいヾ(≧∀≦)ノ
魚介の旨さも出ていてとってもうまかー。
長崎のレベルの高さを知る。

長崎は逆方向なので、すぐハウステンボスを目指す。
長崎の人は、礼儀正しくきちんきちんと安全に走っていて
とても走りやすい。海岸沿いを走っていく。

nagasaki20002

程なくハウステンボスへ到着。
オフィシャルホテルで対応もよかー。(どこの人?)
部屋は、「ポケモンルーム」で、カーテン、ベッドから洗面所、トイレまで
何処に行ってもポケモンだらけです。
ポケモンのおもちゃもてんこ盛り。ビデオもそろっています。
そしてこの眺望! すごい! これが日本だなんて信じられない。
こういうものを作ろうという意気込みがスゴイねえ。

部屋を出たくない、という息子を連れていざ「ハウステンボス」へ!
なんでもいいけど暑いー。日陰も暑いー。焼けるー。
とにかく敷地が広大なので、うまくバスなどを使って回らないと
とても歩けません。やっぱり春か秋に来るべきなのかな?
主なアトラクションは入ったけれど、それなり?に面白い、と言う感じ…。
川で行われていた水上スキーショーが技術的にも上級で、面白かった。
日が陰ってやっと動く気になった頃には、アトラクションも店も
結構閉まっていてごはんだけ食べて帰ってきました。
花火もその日は5分だけだったのでホテルで鑑賞。あっという間でした。

翌日、朝食バイキングおいしー。ぱくぱく。
意外と中国、韓国などからの観光客が多い。いろんな言葉が飛び交う。
翌日もテンボスに入れるのだが、入場のみ可なので、全て有料…。
そう、移動のためのバスや船に乗れないのです。
暑いしー、歩きたくないしー、ゲートそばでお土産かって早々に出ました。

すごくきれいだし、いいアイディアで出来たと思うけど
リピートさせるにはまだ何かが足りない。
まず入り口でもらうMAP分かりづらいしね。
翌日再入場も移動の乗り物くらいただじゃないとメインのショッピングモールまで
行かないし。お土産のチーズ・ソーセージも1単位1000円以上なので
ちょっと食べたい人もいると思うけど、500円パックがあればいいのになー、
とか、バスも乗り合いみたいに、何処でも乗せたり下ろしたりしてくれるとか。

みんないい感じなのになー、と思いつつ、気持ちはもう阿蘇ドライブへと
走っていくのでありました。                 つづく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 15, 2004

清里に行ってきました。

夏はドライブです〜(^_^)
今年も八ヶ岳・清里に行ってきました。
こういう観光地って自分が20代の頃「ぶりっ子なおねえちゃんが喜んで行くところ」って
イメージがあってあまり行った事はなかったのですが
今回どんなところか、行ってみよう〜って中央道へ。

お盆時期の割には比較的道は空いていました。
快適にワインディングをとばすたけびー…ん?息子の様子が…
すっかり酔ってしまったみたいです(×_×;)ゴメンっ
以降大人し運転(笑)

◆◇◆では、清里のおすすめスポット◆◇◆

◆清泉寮
seisenryou.jpg清里といえばここでしょう(笑) 
先にちっちゃい赤い橋店を見つけ駐車して
名物のアイス(ここだけフルーツソースの
トッピングかけてくれるんですよお)食べて
「清泉寮まで歩いて行ってもそんなに
かからないですよー」という
店のおばちゃんの話を信じ、裏の山道へ。
でも歩けど歩けどずっと山道(笑)
迷ってないよねーって心配になるころやっと到着しました。
ふうー、これで昼食はウマイこと請け合い。
清泉寮特製カレーおいしかったよ〜ん。
帰りに、車まで歩いて戻るのがしんどかったことは言うまでも無い。

◆丘の公園
期待してなかったというと失礼ですが、行ってみたら息子大推薦です。
パターゴルフ場や温泉があるんですが、このパターゴルフ場のロケーションがいい!
富士山の見えるサイドと八ヶ岳が見えるサイドがあり18ホールのパターゴルフを
しました。富士山コースでプレイしましたがほんと景色はいいし空気はうまいし、
息子は夜になっても「もっとやりたい〜〜」を連発してました。
パターゴルフすると温泉も割引では入れます。
(水着で男女一緒に入れるゾーンもありますよ〜)

◆おいしい学校
須玉インター側に、「おいしい学校」という廃校した小学校を利用して
宿泊・レストラン・焼き立てパン・産直販売所等を行っている施設があります。
そのうち、イタリアンレストラン「ぼのボーノ」は、新鮮な野菜をメインとした
イタリアンがウリで、我々が行ったときも10組待ちでした…。
海鮮とおくらのスパゲッティはめちゃうまでしたよ〜〜。
待ってる間もパン工房がオープンキッチン状態なので、
見てると面白くて待ってるのも気になりません。
向かいの和食レストランでは「給食メニュー」もありです。(ミルメーク付き(笑))
お隣も[須玉町歴史博物館」になっていて「昭和」の学校の物が展示されてて
足踏みオルガンとか、懐かしかったヨ…

◆番外編:シュッポッポ牛乳工場
(HPがないので上記は紹介してるサイトです)
milkcar.jpg清里から野辺山方向に走っていて
偶然発見!
ちょびっと牛乳工場が見学できて
乳製品の直売をしてるんですが、
ここのソフト&飲むヨーグルトは
めちゃくちゃうまいです(絶賛!!)
ここ通ったらぜひ寄ってみてー (⌒o⌒)b
ちなみに怪しいミルクタンクカーが
 ← 止めてありました…
ミルク飲むとほんとにこんなナイスバディになるのか…(謎)

って、旅だったのですがもう一回行く?と聞かれたら
もういいので違うところに、と答えてしまうカナ?
でも一度は行ってみてもいいよ! 楽しかったです!

| | Comments (0) | TrackBack (0)